ナチュラルかっぽう着の作り方レッスン・型紙つき

(作り方レッスン2000円+型紙1200円) 

一日じゅうおうちで着ていたくなる、diditオリジナルのかっぽう着ができました!
かっぽう着と聞くと、「便利だけどちょっとダサくない?」と思うかもしれませんね。
実際、売られているものはシルエットが今イチだったり、いらないワンポイントがついていたり…。
買ってまで着たいと思えるものは少ないですよね。

かといって、リネンのかっぽう着を買おうとすると、1万円、いやそれ以上することも!
そこで、diditがスッキリスマートでおしゃれなのを作ろうじゃないの!と開発しました。

デザインのポイントは、衿ぐりとポケットに施したバイアステープ
ここにどんな色を持ってくるかが、作るときの楽しみ。アクセントひとつで無難なチェックがおしゃれになったり、
派手な無地がシックになったりと変化します。
前衿ぐりの簡単ピンタックもポイントです。

そして、そして、なんとこのアイテムがdidit初の袖つきアイテムなんです!
縫いやすいよう、袖山と袖ぐりのカーブを極力ゆるやかにしたのがポイント。
脇から一気に縫うこの方法なら、袖つけ初めて!の人でもクリアできます。

ゆるやかなAラインで、後ろ開きなのでさっと着られて、着心地らくちん。
袖幅もあるので冬の厚着にも対応します。
袖口はゴム仕様で、腕まくりをすればずり落ちてこない! これが家事するときにラクなんですよね。
さらに暑い夏でも使えるよう、半袖も作れちゃいます。

あっと驚く作り方ではありませんが、それだけに基礎縫いがてんこ盛りのアイテム。
ひとつひとつの工程を写真と動画で解説しているので、きれいに仕上がるコツがしっかりわかります。
ていねいに縫っていけば、1着完成する頃には洋裁の腕もぐんと上がっているはず!

作り方レッスンと型紙をセットにし、単品で買うよりお得な価格に設定しました。
自分サイズをお選びいただけば、メール送信とは別便でお届けします。
(別サイズを追加でご希望の方は、「型紙追加購入」の商品からご注文ください)


バイアステープを利用してひも作り


衿ぐりのパイピングと結びひもには、市販のバイアステープを利用。特に衿ぐりは、挟んだテープをそのままひもに利用する作り方を採用しています。
結びひもを布から作るのは大変ですが、テープを利用すれば簡単でスピーディ。しかも、ラクに色違いにできるので、おしゃれなアクセントになります。
初心者さんが失敗しにくいバイアステープのつけ方も学べます。


折り伏せ縫いにせず、折り伏せ縫いと同等の丈夫さ


エプロンやかっぽう着は作業着なので、できれば肩や脇は折り伏せ縫いにしたい・・・。洗濯にもほつれにも強いけれど、ぶっちゃけめんどうですよね。
そこで、今回は折り伏せ縫いをせずとも折り伏せ縫いに匹敵する丈夫な縫い方を採用。
言ってしまえば手抜きなのですが、合理的なこの縫い方、使えます!


半袖も作れて年中使えるパターン!


同じパターンで1年じゅう使ってほしいからと、半袖も作っていただけるパターンになっています。
丈も、すそのラインと平行に伸ばせばいいだけなので、短くも長くもお好きに調整していただけます。
実物大の縫い代つき型紙は、もちろん、貼り合わせはなし! 
カットするだけでいいので、手間もいらず、保管のわずらわしさもありません。


●作り方レッスン


【商品内容】
「ナチュラルかっぽう着の作り方レッスン」サイトのURLと、パスワードをお知らせします。
お手持ちのスマホやパソコンで閲覧していただけます。
豊富な動画、写真、解説で作られたレッスンで、いつでも、何度でも見られます。

【お届け方法】 メール送信(お送りする実物はございません) 
※お買い上げ後、 mail@diditseing.comからのメールを受信できるようドメイン設定をお願い致します。作り方レッスンは海外へのお届けには対応しておりませんので、お届け先は必ず日本国内のメールアドレスをご指定ください。

●型紙1点


【商品内容】・・・お選びいただいた型紙1点(A0、A1サイズ各1枚)
【お届け方法】 ネコポス便送料100円



出来上がりサイズ(単位は僉


材料表
材料S~ML~LL
生地(コットン、リネン、綿麻など)110僉       2.5m
バイアステープ(ふちどりタイプ、幅10〜11弌       2.5m


※商用利用について
作り方レッスンの著作権は、didit sewingに帰属します。
複写、販売、貸出、転載および、使用してのレッスン等はご遠慮ください。
作った作品(商品)の販売はできますが、その際は「didit sewing ナチュラルかっぽう着の型紙使用」とご記載いただき、自己責任でお願いいたします。

この商品のレビューにご協力ください!

>